仕事内容と同じくらい「誰と働くか」が大事。人に恵まれました。

スポーツ事業
エリアマネージャー 田代 真実

入社 2017年
現在の役職 スポーツ事業
エリアマネージャー
入社のきっかけ スポーツ指導に元々興味がありました
幸せを感じる時 皆で一緒に頑張れているとき
特技 陸上(短距離)静岡県大会に出場したことがあります!

田代 真実

Q. 今の仕事内容を教えてください。

A. エニタイムフィットネスのエリアマネージャーとして、エリア内の店舗経営に責任を持っています。


エニタイムフィットネスのスタッフとして新卒入社し、今年で入社4年目(取材当時・現在は5年目)になります。その間、スタッフ・マネージャー・エリアマネージャーと役職が進んでいきました。
4年でエリアマネージャーというのは比較的早いのかもしれません。私が入社した時はスポーツ事業の新卒一期生だったので、人事制度もまだ出来上がっていなかったのです。そんな中で、若手にチャンスを与えていこうという動きがあり、2年目にはもうマネージャーになっていました。
初年度にスタッフとして入社した時の仕事は、接客がメインでした。お客様にマシンの使い方を説明したりといった仕事ですね。翌年マネージャーになったばかりの時も、後輩の指導などがメインで、あまり管理職という感じではなかったかもしれません。今では仕事にも慣れ、担当エリア内の店舗経営の責任者だという意識に切り替わっています。接客からは離れ、管理業務や販促業務がメインになりました。今はこのような状況下ですが、お客さんにも残っていただく、戻っていただくためのキャンペーンなどを実施しています。

Q. 入社のきっかけは?

A. スポーツ指導者を目指して勉強していましたが、スポーツだけでない事業の広がりに魅力を感じて入社しました。人に恵まれ、今につながっています。


中学から大学まで陸上をやっていて、スポーツのトレーナーになろうと思っていました。就職活動でもスポーツジムを経営している企業の選考を受けていました。多くの企業はスポーツ関連事業だけを運営していたのですが、当社はスポーツジム以外にも色々な事業を展開していて、これからも業務領域を拡大していこうとしているところでした。
今はスポーツ指導に興味があるけど、ひょっとしたら今後、やりたいことが変わることもあるかもしれない。その時、新しいことに挑戦させてくれる会社だと感じ、入社を決めました。
入社1年目が一番楽しかったかもしれませんね。周りの人に恵まれました。先輩社員の皆さんに沢山のことを教えてもらいながら、自分の仕事を必死にこなしていました。同じ業界・業種でも、他の会社だったら嫌になってしまっていたかもしれません。当社は、皆で一緒に目標達成に向かって頑張ろう、という姿勢を誰もが持っているところが魅力だと思います。

Q. 会社の雰囲気をどう思いますか?

A. 新人の意見が通りやすい会社だと思います。


新人の頃に特に強く感じたのですが、風通しがとても良い会社だと思います。下から上に意見が言いやすい、というと分かりやすいでしょうか。先輩や上司が、誰でも意見を言いやすい空気を作ってくれるので、スタッフ皆で建設的に話し合うことができます。
当社のエニタイムフィットネスのマネージャーは若手が多いのですが、若手の意見をしっかり聞ける会社の風土があるから成り立っているのだと思います。

Q. 仕事をしていて楽しい時、辛い時はどんな時ですか?

A. 皆で一緒に頑張って、それが数字になるのが嬉しいです。辛いのは難しい接客の瞬間。


今はエリアマネージャーですので、当然、会員数が増えてくれるのが一番嬉しいです。ただ、仕事は、何をするか、例えばやりたい仕事ができているとかも大事なことだと思いますが、それよりも「誰と働くか」の方が大事だと思います。
今のメンバー達とは、一緒に同じ目標に向かって頑張ることができます。その結果が数字に反映される。それが楽しいですね。人に恵まれていると思います。

辛いのは、接客の際に非常に難しい判断を求められる時です。マスクをしてくださっていないお客様や、グループで一つの機械を占拠されるお客様などですね。クレームにつながってしまいますので丁寧な対応が必要ですが、精神力が必要です。

Q. あなたは今の仕事でどんな元気を作っていますか?

A. 運動機会を増やすことで社会に元気をつくっています!

ジムは、行くのは簡単だけど通うのが大変なんです。特に初心者の方は、習慣化せずに辞めてしまう事も多々あります。
そうならないために、マシンの使い方やトレーニングのアドバイスをし、楽しいと思ってもらえるまでサポートしています。
いつの間にか私以上にトレーニングマニアに人も居ます!運動することで、どんどん表情が生き生きとしていく会員様の姿を見て、元気を与えることができたと感じたと同時に、私自身も元気をもらっています!

また、平均寿命が高い日本ですが、健康寿命も伸ばすことがこれから必要になってくるかと思います。エニタイムに通われる方は若い世代が多いですが、将来の為にも今から体を動かす習慣を付けることで、体力が養われ、介護を必要としない生活を長く続けることができます。日本の社会問題「高齢社会」に対応していくために、健康寿命を延ばす意識を持ってもらうことができたらと思います。

Q. 最後に一言、インタビューを読んでくださった方へメッセージをお願いします。

A. 視野を広げることが重要です。


就職活動では、視野を広げることが重要だと思います。やりたい仕事・業種を絞ることも大事ですが、やはり「誰と働くか」が重要です。柔軟に、さまざまな可能性へと考えを広げてほしいと思います。
先輩たちの技術やパワーを見て、自分はまだまだだったと知ることができたし、さらにステップアップしていきたいと思えるきっかけになりました。

他のインタビューを見る

 
グループ本社
社長室
やりたいことが見つからないと思っていた。実際はやってみないと分からない。

グループ本社
社長室 植木 政樹

インタビューを読む
 
auショップ 副店長
法人営業の経験が、人生を見つめ直す、きっかけだった

auショップ中山
副店長 佐々木 悠馬

インタビューを読む
 
グループ本社 システム開発
やりたいことをやるために、難しさから逃げずにいたら、やりがいを見つけた。

システム開発チーム
チームリーダー 中村 幸樹

インタビューを読む
 
新規事業開発室
「やってみたい」熱意だけで不自由を潰してきた。

新規事業開発室 鴫原 幸児

インタビューを読む
 
ICT事業
架電センター長
子育てをしながら管理職。無責任かも、という不安はもうありません。

ICT事業
架電センター長 成澤 麻依

インタビューを読む