子供の頃から絵を描くことが好きだった私の才能を、皆さんが見い出してくれた。

マーケティング課
デザイナー 田村 亜弥菜

入社 2018年
現在の役職 デザイナー
POPやチラシなどを制作しています。
入社のきっかけ 派遣社員として働いていた時に、当時の店長さんたちが拾い上げてくれました。
幸せを感じる時 「センスいいね」と言われる時
特技 ヘアメイク

田村 亜弥菜

Q. 今の仕事内容を教えてください。

A. マーケティング課所属のデザイナーとして、POPやチラシなど販促物の制作、写真撮影・加工などクリエイティブ領域を担当しています。


入社してすぐは携帯ショップのスタッフだったのですが、店頭で使うPOPを作ったりしていました。学生の頃アルバイトしていた居酒屋で、黒板にポスターを描いたりしていたので、その延長のような気持ちでした。それを当時の事業部長が見て下さっていて、クリエイティブ系が向いているのでは、と言っていただき、デザインに関わるようになりました。
当社のオリジナル事業である「和太鼓フィットネス」のチラシ作成、キャンプ用品レンタル事業「Lente」のオープンに必要な写真素材の撮影・加工など、当社の様々な事業のクリエイティブパートを担当しています。

Q. 入社のきっかけは?

A. 失意の中、やれることをやっていたら、拾ってもらいました。


元々はヘアメイクの仕事をしていました。学生の時に、自分が本当にやりたいことは何なんだろう?と真剣に考えて選んだ仕事だったので、とてもやりがいを感じていました。やればやるほど段階が上がり、表現の幅が広がっていくのは本当に楽しかったです。
ですが、練習のしすぎで手首を怪我してしまいまして…夢を断念するしかなくなってしまいました。
目標を失っても、何か仕事はしなければ…と思い、派遣社員としてauショップで働いたのが直接のきっかけです。その時の私の仕事を見ていてくださった店長と事業部長に、社員に誘っていただきました。新しい事業に次々とチャレンジしている会社なので可能性を感じ、入社を決めました。

子供の頃から絵を描くのが好きで、POP作りをやっていたのも、根本的には絵作りが好きだからだと思います。でも、まさかデザインの仕事をすることになるとは思っていませんでした。自分が好きなことが、どこでどう繋がっていくのか、分からないものですね。

Q. 会社の雰囲気をどう思いますか?

A. 「人」と「環境」がいい会社です。


店舗で働き出した時、社員の皆さんには本当に優しくしてもらいました。皆さんに仕事で恩返しをしたい、というのも入社を決めた理由の一つです。とにかく困っている人を放っておかない、という文化があるのは当社の大きな魅力だと思います。
またもう一つ、私が当社の魅力だと思っているのは「環境整備」です。汚れている場所は、事故も起こりやすい。人も荒れている。仕事環境を整えることは、良いお客様、良い人を増やす。私自身そう考えていますが、当社の文化としてもこの「環境整備」は非常に重要視されており、強く共感しています。

Q. 仕事をしていて楽しい時、辛い時はどんな時ですか?

A. 楽しいのはセンスが認められた時。辛い時はなかなかOKが出ない時です。


デザインを作っていて、「センスいいね」と言ってもらえると、全ての苦労が吹き飛ぶくらい嬉しいです。私の感性間違ってないのかな?と恐る恐る作っているので、お世辞でも嬉しいです。作ったものが完成品として出来上がったのを見るのは本当に幸せですね。
逆に辛いのは、なかなかOKが出ない時です。一度決まったものが、やっぱり違うんじゃないか、となって再提案になることも珍しくありません。色んな人の色んな思いが関わってデザインはできていくので、ここが難しいところです。

Q. もっと自由に働くためには、何が必要だと思いますか?

A. 結果を出すこと。


自分の感情や考えをデザインで提示し、モノにしていく。その過程自体はとても自由で楽しいものですが、結局は集客だったり情報伝達だったりといった、制作物の目的を達成しなければいけません。自由なようで、全く自由ではないのです。
重要なのは結果を出すことだと思っています。
私のように絵を描くのが好きで、描くことが得意な人はたくさん居ます。ですが、好きなものを描くだけでは仕事にはなりません。この仕事を初めてから変わったことは、ただ絵を描ける人から、自分の描いたものが、どのように社会に影響を与えているのか考え、制作物の成果を求めて取り組むようになったことです。
私のデザインを皆が信じてくれる、私が自分の考えを基準として人を説得できるようになれば、より自由に、自分の表現としてデザインができるようになるのではないでしょうか。

Q. 最後に一言、インタビューを読んでくださった方へメッセージをお願いします。

A. 時間を忘れてやれること、を大事にしてください。


自分の強みって、よく分からないと感じている人の方が多いのではないでしょうか? そういう時は、昔からやっていて苦じゃないこと、時間を忘れてできることって何だろう、と考えてみてほしいです。
そして続けることが大事だと思います。あとは、恥ずかしがらずに自分が得意なことを人に言うこと!いつ、誰が、どんな形で気付いてくれるか分かりませんから。

他のインタビューを見る

 
グループ本社 システム開発
やりたいことをやるために、難しさから逃げずにいたら、やりがいを見つけた。

システム開発チーム
チームリーダー 中村 幸樹

インタビューを読む
 
ICT事業
架電センター長
子育てをしながら管理職。無責任かも、という不安はもうありません。

ICT事業
架電センター長 成澤 麻依

インタビューを読む
 
スポーツ事業
エリアマネージャー
仕事内容と同じくらい「誰と働くか」が大事。人に恵まれました。

スポーツ事業
エリアマネージャー 田代 真実

インタビューを読む
 
auショップ 副店長
法人営業の経験が、人生を見つめ直す、きっかけだった

auショップ中山
副店長 佐々木 悠馬

インタビューを読む
 
新規事業開発室
「やってみたい」熱意だけで不自由を潰してきた。

新規事業開発室 鴫原 幸児

インタビューを読む