仕事の内容よりも「誰と働くか」の方が大事。人に恵まれました。

ICT事業
auショップ武蔵新城 副店長 今井雄太

入社 2018年
現在の役職 ICT事業
auショップ武蔵新城 副店長
入社のきっかけ 偶然、1人で説明会に参加した日に、沢山の話をしたこと。
幸せを感じる時 スタッフの成長
特技 高校まで野球をやっていました。団体行動どんとこいです!

今井雄太

Q. 今の仕事内容を教えてください。

A. 自分の目指す店長像を描きながら、副店長として色々なことにチャレンジしています。


2020年7月から、auショップ武蔵新城の副店長をしています。現場にも立ちますし、目標数字の達成、スタッフの育成などにも責任を持っています。
副店長になり、エリアマネージャーなど上とのコミュニケーションが増えました。数字を達成できていないときのアクションを、どう現場スタッフと共有するか? ここが難しい、といつも感じます。そのまま伝えると辛口、圧力になってしまうので、そうならないように心掛けています。
私がスタッフだった時に、伝え方が上手だった店長がいまして……一度、上の方からかなり厳しいことを言われているのを見たことがありましたが、現場の僕たちには優しく伝えて下さっていました。この人についていきたい、と思わせてくれましたね。責任者は守る立場でもあるんだ、数字の責任を負っているだけではないんだ、ということを知りました。
数字を出してくれているのは現場の皆さんなので、それを忘れずに、スタッフを守れる副店長でいたいと思っています。

Q. 入社のきっかけは?

A. 新入社員Aというモブではなく、ひとりの今井雄太として見てくれていると感じました。


安定している業界で働きたいとは思っていました。携帯電話は今後無くならないと考えていたので、色々な会社の説明会に参加していました。
ある日、当社の説明会に欠席者が出たようで、偶然、僕一人で受けたんですよ。そのお陰で会話量が多くて、他の企業と違う雰囲気を感じました。他の企業と違い、一人の人間として見てくれている。新入社員A、みたいなモブではなくて、ひとりの今井裕太として見てくれていると感じ、好感を持ちました。
あとは社風です。業界としては安定していますが、当社はチャレンジ精神が強い会社です。最後は会社の個性に惹かれ、決めました。

実は元々、縁はありました。
小学生ぐらいの時に、携帯ショップに親と行った時に対応してくれたスタッフさんが、友達のような距離感で色々と話してくれることが嬉しくて、ちょっとした憧れを持っていました。お店といえば売ることだけが仕事なんだと思っていたのですが、売るだけじゃないお店もあるんだ、という感動がありました。
実はその携帯ショップが、今働いているauショップ武蔵新城です。当時のスタッフさんも、まだ当社にいらっしゃいました。

Q. 会社の雰囲気をどう思いますか?

A. 声が通りやすい、しっかり拾ってくれる会社です。


声が通りやすい会社です。1on1という制度があり、定期的にマネージャーと面談して声を拾ってもらっています。
やりたいこと、目指していることを発信していると、ちゃんとキャッチしてくれます。今、副店長をやれているのも、そのお陰です。

Q. 仕事をしていて楽しい時、辛い時はどんな時ですか?

A. スタッフの成長は嬉しい。ですが上手くいかないこともあります。


責任者としての幸せは、スタッフの成長だと思います。メンターを多くやらせてほしい、と会社にお願いをして、5名の新入社員さんのメンターを務めさせていただきました。責任もありますが、皆さんの成長をすぐそこで見られるのは楽しさが勝ちます。

ですが、こちらが考え抜いて、スタッフが一生懸命提案したプランが、お客様からのクレームとして返ってくることがあります。それはとても辛いことです。

Q. 今後、どのような将来像を描いていますか?

A. 行けるところまでいきたい。社長に近付いていきたい。


行けるところまで行きたいと思います。
戸塚社長は素晴らしい起業家だと思います。エネルギーが凄く、発想がスピーディーに沢山出てくる。起業家は凄い、ということを思い知ります。ああはなれない、と思ってしまいますが……私はまた私なりの違ったタイプのやり方、自分なりのやり方で、社長と肩を並べていけるように成長していきたいと思っています。

Q. 最後に一言、インタビューを読んでくださった方へメッセージをお願いします。

A. やりたい気持ちに素直になることが大事です。


選択肢を自分で閉じてほしくないと思います。誰にでも少なからず、自分には無理だと挑戦する前にやめてしまうことがあると思うのですが……やりたい気持ちに素直になることが大事だと思います。
僕はまだ、山の半分も登れていません。まだまだこれからです。これから、より辛いこともたくさん起こっていくのだと思いますが、やりたいことをやれているので迷いはありません。

他のインタビューを見る

 
2016年入社
やりたいことが見つからないと思っていた。実際はやってみないと分からない。

グループ本社
社長室 植木 政樹

インタビューを読む
 
2017年入社
仕事内容と同じくらい「誰と働くか」が大事。人に恵まれました。

スポーツ事業
エリアマネージャー 田代 真実

インタビューを読む
 
2015年入社
子育てをしながら管理職。責任ある立場でも働く不安はありません。

ICT事業
架電センター長 成澤 麻依

インタビューを読む
 
2009年入社
キャリアステップが、仕事における「自由」への道でした。

ICT事業部
エリアマネージャー 小林 美樹

インタビューを読む
 
2014年入社
やりたいことをやるために、難しさから逃げずにいたら、やりがいを見つけた。

システム開発チーム
チームリーダー 中村 幸樹

インタビューを読む